記事の詳細

ドイツ料理のドレッシング、ザワークラウトに用いられるヒノキ科のジュニパーは、和名をセイヨウネズと言います。その独特のさわやかな香りは、ヒノキの香りにも似ています。甘さやスパイシーさがバランス良く調和して、肉料理などの香辛料、お酒のジンの香りにも使用されています。ジュニパーベリーは果実を使用するハーブティー向けのハーブですが、ドライハーブで肉料理などの臭み消しとして用いたり、ピクルスやマリネにしたり、フレッシュハーブで使用する時は、独特の香りを活かし、肉をスモークする時に枝や葉を用います。

ジュニパーベリー煮シュークルートの作り方

材料 (4~5人分)

・シュークルート   500g
・人参(中)       2本
・玉ねぎ       1/2個
・じゃがいも(中)   4~5個
・にんにく      1かけ
・ベーコン      300g
・白ソーセージ    3本
・スモークソーセージ 3本
・白ワイン      1/2本(375ml)
・水         1カップ
・固形スープの素   1/2個
・ジュニパーベリー  5粒
・バター       10g
作り方
1.シュークルートはザルにあけ、水けを切る。
2.にんじんとじゃがいもは、普段の煮物より大きめサイズに乱切りにし、固めにゆでる。

3.玉ねぎをスライスする。
4.ソーセージは切らずに、ベーコンは厚めに切る。
5.大きな鍋にバターを入れ、ベーコン、ソーセージ、しっかり焼いて取り出す。
6.同じ鍋に玉ねぎとにんにくを入れ、玉ねぎがしんなりしたら取り出す。

7.シュークルート→ベーコン→ソーセージ→玉ねぎ→にんじん→じゃがいもの順に重ねる。

8.ジュニパーベリー・白ワイン・水・固形スープを入れて蓋をし、30分ほど煮込んで出来上がり。

ジュニパーベリーでアスパラピクルスの作り方

材料

・アスパラガス細め  400g
・白ワインビネガー  150cc
・酢         100cc
・水         120cc
・塩         小さじ2
・砂糖        大さじ2
・黒胡椒(ホール)  小さじ1/2
・にんにく      3片
・ジュニパーベリー  3粒
・ディルシード    小さじ1/4
・ローリエ(月桂樹) 1枚
・鷹の爪の輪切り   少量
・フレッシュディル  少量
作り方

1.アスパラガスを水で洗い、漬け込む瓶の長さに下部を切り揃える。
2.下部はスープやベジストックに使ってください。
3.保存瓶を煮沸消毒して用意する。①のアスパラガスを詰める。
4.鍋に白ワインビネガーから鷹の爪までの材料を入れ火にかけて、沸騰したら中火の弱火で10分煮る。

5.火からおろし、フレッシュディルを加える。③のアスパラガス入り瓶にマリネ液を流し込む。
6.蓋をして、冷蔵庫で2日漬け込むと出来上がり。
新鮮なアスパラガスがおいしくオードブルにもぴったり!

ジュニパーベリーの効能

ジュニパーベリーは、古くからすぐれた消毒、殺菌作用を持つ事が知られており、アメリカの先住民たちは、風邪の治療にこの種子を用いたと言われています。ジュニパーベリーには、肝臓の障害を良くしたり、尿酸の排出を助ける働きがあり、また、膀胱炎を沈める効能も期待できます。その他では収斂作用により、にきびや脂性肌を改善させると言われています。精神面での効能としては、落ち込んだ気持ちをリフレッシュさせ、精神を浄化し、頭をスッキリ集中力をアップさせる効果があります。

妊娠さんや肝臓の障害、炎症などのある方は、使用は控えて下さい。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る