記事の詳細

ミントと言えばミントティーやデザートの飾りのイメージがありますよね。今回は生育旺盛なミントをたっぷり使うことが出来るサラダのレシピをご紹介します。

ミントのベトナム風サラダのレシピ

材料(2~4人分)
フルーツミント お好きな量・コリアンダー 2~3房・グリーンリーフ 3~4枚・キュウリ 1/3本・プチトマト 3~4個・玉ねぎ 1/4個・鶏ささみ 100g・春雨 30g・冷凍むきエビ 大6匹・ナンプラー 大さじ3・レモン汁 小さじ1~2・ハチミツ(砂糖でもOK) 適量・オリーブオイル 大さじ1・一味唐辛子 適量

☆オススメは、ペパーミント・オレンジミント・グレープフルーツミント・パイナップルミント・レモンミントです。柑橘系ミントが合うようです。

(1)玉ねぎを薄くスライスし、冷水にさらしておき、コリアンダーは1.5cmに、キュウリは1cmくらいにスライスしたあと3等分の細切りに、プチトマトは4つ切りにします。

(2)春雨を茹で、お湯を捨てないように取り出し、流水で冷やしておきましょう。お湯をもう一度沸かしたら、冷凍むきエビと鶏ささみを茹でます。

(3)ナンプラー、レモン汁、ハチミツ、オリーブオイルを混ぜ合わせます。ナンプラーはメーカーによって味の濃さが違うので、レモンとハチミツで調整してくださいね。

(4)鶏ささみをほぐし、むきエビ、春雨、コリアンダー、水をしっかり切った玉ねぎを(3)の半分と和えます。味が濃すぎたら、エビと鶏ささみを茹でた汁を少し煮詰めたもので薄めてください。

(5)グリーンリーフを食べやすいサイズに切ったら、ミントの半分と混ぜてお皿に盛り付けます。(4)で和えたサラダを上に盛り、キュウリとプチトマトを飾り、一味唐辛子とミントの残りを散らせば出来上がりです。

ミントの効能

ミントはギリシャ神話にも登場するハーブです。「ペパーミントは世界最古の薬」という言葉があるほど、古くから世界各国で薬用、料理の香りづけ、香水などの様々な用途で活用されてきました。スペアミントは比較的甘味がある香りなので、お菓子の香りづけなどによく使われます。

ミントの仲間は非常に多く、その種類によって含まれる成分に違いがあるのが特長です。有名なペパーミントには、食べ過ぎ・飲みすぎで調子が悪い胃をサポートする働きがあり、腹痛や胸やけ、胃けいれんなどを和らげてくれます。

爽やかな香りは鎮静効果があるので、緊張を和らげ、リラックスすることができます。精神安定作用ももっているので、神経症などの治療にも使われてきた歴史があります。

ミントの使い方

カットフルーツに刻んだミントを和えるとさっぱりとしたスイーツになります。ハーブティーにするほか、アイスティーに浮かべてもオシャレですね。

地植えにするとどんどん領地を広げ、他の植物の生長を妨げてしまうので、鉢植えにしたりして根っこやこぼれ種が広がらない工夫をすることをオススメします。色々なミントを植える際には、近くの品種と交雑して風味が落ちてしまいますので出来るだけ離しておきましょう。

味が苦手だったという方にはハーブバスがオススメですよ。ガーゼなどで包んでお風呂に投入するだけです。終わったらそのまま捨てられる生ごみ用の水切りネットが便利です。

三種類のチーズとイタリアンパセリ、野菜の味わいが心ゆくまで楽しめるグラタンのレシピです。ちょっと珍しいチーズが材料にありますが、手順は簡単です。

イタリアンパセリとズッキーニのカニグラタンの作り方

材料(5人分)
ズッキーニ 4~5本・玉ねぎ 大1個・ベーコン 3枚・カニ缶 大1缶・イタリアンパセリ 3枝・白ワイン 大さじ2・ペンネ 80g・バター 20g・小麦粉 25g・牛乳 350cc・卵 1個・塩胡椒 適量・オリーブオイル 大さじ1・プロヴォーネチーズ 80g・グリュイエール 100g・パルミジャーノチーズ 20~30g

(1)玉ねぎた角切りに、ズッキーニは1cmのいちょう切り、ベーコンは1cmの細切りに、イタリアンパセリはざく切りにしておきます。

(2)大き目のフライパンを熱し、オリーブオイルをしいて玉ねぎとベーコンを軽く炒め、蓋をして玉ねぎに透明感が出るまで蒸し焼きにします。

(3)カニ缶を加え、木へらで崩しながら炒め、イタリアンパセリと白ワインを加えてさらに炒めます。

(4)そこへズッキーニを加え、余分な水分を出すために蓋をしてじっくり炒めます。水分が出てきたら塩胡椒をしましょう。カニ缶にも味がついていますので、味を見ながら加えてください。

(5)ホワイトソースを作りましょう。耐熱容器にバターを入れ、溶けるまでレンジにかけます。そこへ小麦粉を加え、しっかり混ぜたらレンジで1分加熱します。(ご家庭のレンジによってワット数が変わるので様子を見ながら調節してください。)牛乳を加えて、加熱とかき混ぜるのを交互にしてとろみが出たら完成です。牛乳は後で使うので少し残しておきます。

(6)ペンネを固めに茹で、フライパンに(5)のホワイトソースとペンネを入れて加熱しながらよく絡めます。絡んだら火を止め、ホワイトソースを作った容器に牛乳の残りと卵を入れてよく解きほぐしたものと、プロヴォーネチーズをサイコロ状に切ったものを加えてよく混ぜ合わせます。

(7)オーブン皿に流し込み、グリュイエールとパルミジャーノチーズをすったものをかけ、オーブンでお好みの焼き加減に焼き上げたら完成!焼き上げは自動メニューを使うと便利です。

イタリアンパセリの効能

付け合わせなどによく使われるパセリと違い、葉が縮れていないのが特徴です。ビタミンA、B、C、カルシウム、鉄分の含有量は野菜の中でもトップクラスです。豊かな香りとすっきりとした味わいで料理に取り入れやすいですよ。

香りには鎮静効果があり、イライラを鎮めてくれます。古代ギリシャでは薬として用いられ、軍馬の餌としても使われていました。食欲増進、食中毒の予防効果もあり、さらに口臭を和らげてくれるので付け合わせにしておくのがもったいないくらいです。

イタリアンパセリの使い方

手軽に楽しみたいときには、刻んでバターやクリームチーズに練りこんでも美味しく召し上がれます。卵料理、肉料理、魚料理となんにでも合わせやすいのでどんどん収穫して使ってください。パセリの仲間なので、キアゲハの幼虫などが付きやすいのが難点です。あっという間に丸裸にされてしまうので、見つけたら早めに駆除しましょう。

日当たりと風通し、適度な水やりでプランターでも元気に育つので家庭菜園にぴったりのハーブです。縮れ葉のパセリより育てやすいので初めてならこちらからがオススメですよ。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る