記事の詳細

ゆずはミカン属の常緑小高木で、カボスやスダチのような柑橘系の果物になります。生産及び消費は日本が最も多いです。酸味の多い果肉で、そのまま食するには適していません。果皮の栄養価がとても高く、柑橘類の中でもビタミンCが最も多く含まれていると言われています。

ゆずのふんわりパウンドケーキの作り方

材料 (パウンド型1個)
・ホットケーキミックス   150g
・ゆず           1個
・卵            1個

・砂糖           40~50g

・マーガリン          30g

・ヨーグルト        30g作り方

1.ゆずを洗い、皮をむく。
2.①の皮をみじん切りにして、果汁を絞り大さじ1くらいを分けておく。
3.容器にマーガリン及び砂糖を入れて、クリーム状になるまで混ぜる。

4.③に卵、ヨーグルトを入れ混ぜる。
5.ホットケーキミックスを入れ混ぜ、ゆずの皮と果汁を入れて混ぜる。
6.型・耐熱容器に生地を入れ、170度くらいの温度で予熱し、オーブンで約40分焼く。
7.竹串でチェック、生地が付かなければ出来上がり。

冷めてから切って召し上がって下さいね!

ゆずの香りの柔らか小芋煮の作り方

里芋の柚味噌煮材料

・里芋     500g

・だし汁    鍋にひたひたになるぐらい

・★酒     大さじ1

・★砂糖    大さじ2

・★醤油    大さじ1/2

・☆ゆずの皮  適量

・ゆずの皮   飾り用を適量

・☆味噌    大さじ1

作り方
1.里芋は皮を剥き、水から茹でて、沸騰したら茹で汁をすてる。
2.アク抜きした里芋を、もう一度水から茹でて、茹で上がったら水で洗う。
3.鍋にだし汁を入れて、沸騰したら★の酒と砂糖を入れて2〜3分煮る。

★醤油も加え、里芋が柔らかくなるまで落し蓋で煮る。
4.柔らかくなれば、煮汁を少し取り出し、☆ゆずの皮と☆味噌をといて入れる。5.2〜3分煮た後、味噌を絡め火を消して、お皿に細切りにしたゆずを乗せて盛り付ける。

ゆずの効能

ゆずに含まれる香りのリモネンは、脳をリラックスさせる事により、日常のストレスを軽減し、心を落ち着かせる効果があるため、アロマオイルを用いたアロマセラピーでも利用されています。
ゆずの成分で期待できる効果は、実、種、皮に含まれるそれぞれの部分の成分により異なってきます。

ゆずの実
ゆずの実にはクエン酸やリンゴ酸などの成分がたくさん含まれており、ストレスなどで溜まった乳酸を分解し、疲労の回復効果が期待できます。また、荒れてしまった胃腸を整えて胃を正常な状態に保つ働きなどもあります。

ゆずの種
ゆずの種には美白効果や、保湿効果、血行促進作用などがあるため、ローションやクリームなど化粧品としても利用されています。その他、抗炎症作用や殺菌作用もあるため、お肌に期待できる効果がたくさん含まれています。

ゆずの皮
昔から冬になればゆず湯でしっかり温まる日本の文化がありますが、ゆずの皮にはビタミンCが豊富に含まれていて、レモンと比べても約3倍もあるそうです。ビタミンCには、とっても嬉しい効果がたくさんあり、コラーゲンの生成を助けてくれたり、抗酸化作用による老化防止などなど女性に嬉しい美肌効果がたくさん期待できます。

代表的な和のハーブで日本人に愛されているヨモギは、キク科のヨモギ属で日本のいたるところに自生しています。その特有の香りで、草餅の緑の材料として用いられ、お灸のもぐさとしても知られています。古くから食用だけでなく、生薬として用いられており、食べたり、香りを楽しんだり、もぐさにするなど、様々な使い方で、万能薬として重宝されてきました。

栄養満点!ヨモギのご飯の作り方

材料 (2人分)

・ヨモギ(新葉)      20g

・豚肉         50g
・干し椎茸       1枚
・豚肉の茹で汁     100cc
・だし汁        100cc
・醤油         小さじ1
・塩          小さじ1/2
・酒          小さじ1
作り方
1.米を洗い、干し椎茸の石突きを切りさっと洗う。干し椎茸を耐熱容器に入れる。
2.干し椎茸と同じ位の量の水を入れ、ラップをし、レンジ(500w)で2分加熱して15分置く。

3.豚肉を下茹でし、色が変わったら取り出し、煮汁は後で使うのでアクを取る。
4.ヨモギは粗みじん切り、干し椎茸、豚肉はあられ切りにする。
5.土鍋に米、③の豚肉の煮汁、だし汁、醤油、塩、酒とその他の材料を入れ、15分置く。
6.土鍋を弱めの中火にかけ、10分位でとろ火にし、蓋を少しずらして蒸気を逃がす。
7.蓋を少しずつ狭めていき最後はすべて閉じる。吹いてから10分で火を止めて10分蒸らし、しゃもじでかき混ぜる。

食物繊維たっぷり!ヨモギのグリーンポタージュの作り方

材料 (2人分)

・生ヨモギ(アク抜き済)      40g
・絹ごし豆腐            300g
・水                300cc
・白味噌              大さじ1
・顆粒コンソメ           小さじ1
・塩こしょう            適量
・すりごま             適量
作り方

1.ヨモギ・豆腐 ・水・白味噌をしっかりめにミキサーにかける。
2.①を鍋に移し、沸騰しないように弱火で煮て、コンソメを入れ塩こしょうで味を調え、器に盛り付け、すりごまをかけて出来上がり。

ヨモギの効能

ヨモギはハーブの女王と呼ばれるほど、その効能はハーブの中でも非常に優れていて、体に有効と言われる成分がたっぷり含まれています。食物繊維はほうれん草の10倍近くもあると言われており、漢方名では艾葉(ガイヨウ)と呼ばれ、その効能や栄養価の高さから、万能薬とも言われる程です。また、よもぎに含まれているクロロフィルの成分である有機ゲルマニウムには、紫外線によるシミやソバカスのメラニン生成を抑えてくれる効果や日焼けによるほてりを抑え、また保湿力にも優れていて、乾燥による肌の赤みの改善にも効果的と言われています。また、クロロフィルには、殺菌作用があり、ニキビの原因であるアクネ菌の繁殖を防いたり、肌の炎症を抑えてくれるので、肌荒れやニキビにも効果があると言われています。美肌効果以外にも、デトックスやダイエット効果、血行促進により冷えや肩こりの改善など女性に嬉しい効果が期待でき、様々な用途に用いられています。

ヨモギの花言葉

ヨモギの花言葉は、「幸福、平和、夫婦の愛情、決して離れない」です。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る