記事の詳細

食卓を華やかにしてくれるチコリは、キク科のハーブで、とっても可愛いい紫色の花を咲かせます!
チコリの葉を一枚一枚はがすと、ボートのような形で、その形状を生かした前菜にぴったりのチコリボートレシピを2つご紹介します。

チコリボートの前菜の作り方

材料 (2人分)

・チコリ     1株
・ミニトマト    4〜5個
・カッテージチーズ 30g
・オリーブオイル  大さじ2
・塩        小さじ1
・こしょう     小さじ1
作り方

1.チコリは根からちぎり水に5分程さらし、よく水を切る。
2.ミニトマトは縦半分に切り、カッテージチーズは削り取る。
3.①に②を乗せて、器に盛り付け、オリーブオイルと塩こしょうをかけて出来上がり!

サーモンとアボカドで飾ったチコリボートの作り方

材料 (4-8人分)

・チコリ          1個

・パセリ          少々
・スモークサーモン     50~80g
・レモン          1/8個
アボカド具

・アボカド         1個
・粒マスタード       大さじ1
・マヨネーズ        適量
・しょうゆ         少し
・レモン          1/8
・アップルビネガー or 酢   少し
・はちみつ         少し
・塩こしょう        少し
1.チコリは根元を切りながら葉をはがし、洗って水をきり、皿に並べておく。
2.スモークサーモンを刻み、レモンをしぼる。
3.アボカドを切ってボウルに入れ、軽くつぶして調味料を入れてまぜる。
4.②のスモークサーモンを加えて軽くまぜる。
5.①のチコリに③をのせ、パセリを飾ってできあがり。

*チコリは時間がたつと変色するので食べる直前に用意して下さい。

チコリの栄養素と効能

チコリは食物繊維を多く含んでいるため、便秘予防、コレステロールや脂肪、糖分の吸収を抑えるなどの働きがあると言われています。また葉酸を含み造血作用もあるため、貧血予防にも期待できます。その他、高血圧や動脈硬化など、老化の予防にも効果があるようです。

チコリの利用方法

料理の食材として知られるチコリは、ヨーロッパでは家庭でもよく食されていて、昔から薬草として用いられ、ドイツでは薬効のあるハーブとして広く用いられているそうです。チコリの葉のほろ苦さとほのかな甘味、独特の香気とシャキシャキ食感が特徴で、若い葉や芽をサラダに用いるほか、炒め物や付け合せなどに利用します。
チコリの葉をボート型の器にみたてて、前菜を飾ると、とってもおしゃれな食卓になるので、パーティーにもぴったりですね!現在では日本でも国産のチコリが生産されているようで、普通のスーパーでも買えるのですが、ちょっと珍しい野菜のため、取り扱っていないお店もあります。その他の利用方法では、根を炒ったものをコーヒーの風味づけや代用品、お茶の代用品として飲むこともできるそうです。カフェデュモンドのコーヒーにはチコリが配合されていて、ベトナムコーヒーもチコリ入りが多いようです。日本で販売されている爽健美茶にもチコリが含まれているそうです。

チコリの花言葉

チコリの花言葉は、「節約、倹約、質素、待ちぼうけ」 です。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る