記事の詳細

ハーブティーで人気のカモミールはキク科の植物で、ジャーマンカモミールと、ローマンカモミールの2種類があり、和名はカミツレと言います。原産地はヨーロッパで、古代エジプトや古代ローマ時代に、鎮静薬や婦人病の薬として用いられていたようです。りんごのような甘い香りを持つカモミールは、様々な効能があり、ヨーロッパでは「母の薬草」と呼ばれるほど、効き目の穏やかな、優しいハーブで、現在は不眠の改善によく飲用されています。

カモミールと豚のクリームソースの作り方

材料

・豚肉肩ロース    400g
・カモミールティー  1袋
・♦ 海苔の佃煮   小さじ1と1/2
・♦ 生クリーム   大さじ1と1/2
作り方

1.豚肉を室温に30分ほどおき、タコ糸で結ぶ。
2.鍋に豚肉・カモミールティーバックがかぶるくらいの水を入れて煮立たせる。あくを取り、弱火で1時間煮る。
3. ♦を混ぜ合わせてソースを作り、②を取り出し、糸を切り、1㎝幅にスライスして、ソースをかけて出来上がり。
塩は入れていないので、しっかりとした味がお好みの方は最後に少しかけて下さい!

体に優しいカモミールのスープの作り方

材料 (2人分)
・玉ねぎ        1個

・ナス         1本
・カモミールティー (ティーバッグ)1パック
・塩こしょう      少々
・ナツメグ       少々
・ターメリック 少々
・しょうゆ       香り付け
・パセリ       (飾り)
作り方

1.少し塩を振った玉ねぎを弱火で煮て、玉ねぎがしんなりしたらナスを入れる。
2.ティーバッグを入れ、5分ほど煮て、塩こしょうとスパイスで味を調える。
3.しょうゆを少しかけ、器に盛り、パセリを飾って完成!
心と体に優しいカモミールのスープでホッと一息

カモミールの栄養成分と効能

カモミールは古くより薬効ハーブとして利用されており、カモミールに含まれる精油成分であるアズレンは、炎症を抑える作用があります。また、クミンアルデヒドも精油成分で、鎮静作用や抗炎症作用があります。フラボノイドはポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用があることから活性酸素を除去して生活習慣病などを予防する効果があると言われています。カモミールに含まれるコリンと言われる成分は、高血圧や動脈硬化を予防し、また、脳神経細胞の記憶の形成を助ける働きがあると言われています。

カモミールの利用方法

カモミールは生理不順や生理対策で、生理の始まる少し前からハーブティーを引用したりお風呂に使用すると良いと言われています。カモミールティーは心を安定させて、ストレスを和らげてくれます。食事前に飲用すれば消化促進の効果があり、食後に飲めば不眠症対策にもなると言われています。また、紫外線による細胞のDNAの損傷を防ぐため、美容ローションとしても活躍している女性に嬉しいハーブです。日焼けや軽いやけどに冷やしたカモミールティーをガーゼにしみ込ませて患部に当てて治療に用いられます。カモミールとラベンダーのオイル、それぞれを10滴ほど入れた熱めのお風呂にゆっくりつかるとストレスを和らげて心を落ち着かせる事ができます。

カモミールの花言葉

カモミールの花言葉は「逆境に耐える、逆境で生まれる力」です。

栄養価が高く、青汁の材料として知られているケールは、アブラナ科のハーブで和名はリョクヨウカンラン、ハゴロモカンランと言います。キャベツの原種 に近いですが、キャベツとは違い結球しません。青汁は当初はキャベツ、小松菜、水菜、だいこんの葉などが原料として試されましたが、収穫量が周年栽培によりとても多い事、栄養のバランスがとても良い事などから、ケールが代表的な青汁の原料として定着したようです。ケールは紀元前からあったと言われているようで、約2,000年前にはギリシャ・ローマ地方でケールの栽培が始まっていたそうです。ケールト人がはじめに栽培したため「ケール」と呼ばれるようになったそうです。

ケールのポタージュスープの作り方

材料
・ケール     200g

・じゃがいも   一個
・玉ねぎ(中)  半分
・オリーブオイル 大さじ2
・バター     少し
・チキンブイヨン 小さじ1
・水       300ml
・生クリーム   100ml
・塩こしょう   適量
作り方

1.洗ったケールを2〜3分ほど塩を入れた熱湯で茹でる。
2.玉ねぎはみじん切りにし、じゃがいもは輪切りにして、オリーブオイルで炒める。
3.玉ねぎとじゃがいもに火が通ったら水を入れ、ケールを入れて柔らかくなるまで5分位茹でた後、ミキサーにかけてクリーム状にする。
4.ブイヨンと生クリームを入れて、塩加減を調整し出来上がり!

ケール&ベーコンの野菜炒めの作り方

材料 (1人分)

・ケールの葉    5枚
・玉ねぎ      1/8個
・ベーコン     お好みで
・にんにく     ひとかけ
・オリーブオイル  大さじ1/2
・醤油       少々
・塩こしょう    少々
・パルメザンチーズ 適量
作り方

1.よく洗ったケールを茎から葉の部分を切り、食べやすい大きさにカットする。
2.玉ねぎ&にんにくをみじん切りにする。

3.温めたフライパンにオリーブオイルを引いて、にんにくを炒める。
4.香りが立ったら食べやすいサイズに切ったベーコンを入れ、半生ぐらいで玉ねぎを入れて火を通す。
5.ケールを入れて塩こしょうで味を調え、炒めたら醤油を入れて混ぜる。
6.器に盛りパルメザンチーズをかけて出来上がり。
ケールはさっと炒めましょう!

ケールの効能

ケールは非常に栄養価の高いハーブでビタミン類やミネラルなどをバランスよくたくさん含んでいるため、青汁の原料に適したハーブとしても有名です。ケールはたっぷりの抗酸化作用を含んでおり、βカロテンを100g中2900μgも含んでいる緑黄色野菜になります。また、ビタミンEもブロッコリーと同等に含まれており、野菜、ハーブ類の中でもトップクラスの含有量です。また、ケールはメラトニンと言われる成分を含んでおり、この成分は神経ホルモンの一種で、寝つきをよくして睡眠の質を高め、改善する働きがあると言われています。また、ケールにはルテインもたくさん含まれていて、このルテインとはカロテノイドの一種で、光を遮り、細胞の酸化を防ぎ白内障の予防などにも効果があると言われています。その他、ケールには100g中220mgもカルシウムが含まれており、食物繊維もたっぷり含まれているダントツで優秀なハーブです。

癒しの香りといえば、ラベンダーを真っ先に思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
リラックス効果があるハーブとして知られているだけでなく、アロマにも多く使用され、なじみのある香りでもあります。
ラベンダーそのものも、小さな紫の花が可愛らしいですよね。
育ててみたいと思いながらも、難しそうだと思っている方も少なくはありません。
実は、ハーブのなかでもラベンダーは育てやすく、初心者でも上手に育てられるオススメのハーブなのです。

ラベンダーの原産地

ラベンダーといえば、北海道のラベンダーが有名ですよね。
ラベンダーは地中海の沿岸地が主な原産地で、湿度が低くて夏に雨が降らない地方です。
ついつい水を多く与えてしまいがちですが、原産地を頭に入れて育てることがコツになります。
根元が少し乾いているくらいが、ラベンダーにとっては快適な環境となるのです。
初心者で失敗してしまう多くが、過剰な水やりで根腐れを起してしまいます。
冬は水やりを控えて、梅雨の時期には雨水が葉に当らないようにしましょう。

ラベンダーは種よりも苗がおすすめ

ハーブの栽培が一般的になってきたこともあり、ラベンダーの苗もホームセンターなどで簡単に入手することができます。
初心者には、苗からの栽培がオススメで、いつでも購入することができますが、どちらかといえば、春と秋が植え付けには適しています。
また、苗を選ぶ際にはポットから根がはみ出していないこと、葉の色が黄ばんだりしていないこと、茎の節と節が詰まっていてしっかりしていることをチェックして購入するようにしましょう。
先に述べました、ラベンダーの性質と水やりのポイントを抑えつつ、地植えの場合には適切な環境をしっかりと選んでください。
頻繁に植え替えることを嫌う植物です。
日当たりと風通しがよく、水はけのいい場所を選んでください。

ラベンダーの土選びと肥料やりの方法

ラベンダーは水気が多いことを嫌いますから、水はけのいい土壌が欠かせません。
土を作る場合には赤玉と腐葉土に加え、川砂を2割ほど加えるといいでしょう。
しかし、植物そのものを育てることにあまり慣れていない方は、市販されているラベンダー専用の土を使うことをオススメします。
あらかじめラベンダーに必要な土壌が整えられているので安心ですし、少量の場合にはこちらの方が安く仕上がるでしょう。
肥料は、苗を植え付けるときに混ぜ込むことで年一回追加で与えるだけで充分です。
追加で肥料を与えるのは、9月ごろがいいでしょう。

ラベンダーの増やし方

種をまいて増やすことも可能ですが、挿し木で増やすことも可能です。
時期は5月~6月か9月~10月に虫などがついていないキレイな芽を10cm程度切ってさし穂としてください。
個の時に、土に埋まっている部分の葉っぱは、全て取っておくことをオススメします。
基本的には、植え替えの必要はありませんが、根詰まりしてしまうと成長しませんので、増えてきたと思ったら、3月か4月ごろに一回り大きい鉢に植え替えるようにしましょう。
初心者には難しいと思われがちなラベンダーですが、ポイントを抑えることで増やすことも可能です。
ぜひ、ポイントを抑えてラベンダーを育ててみてください!

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る