記事の詳細

ミントはシソ科ハッカ属の総称で、鼻から抜けるようなすっとしたさわやかな香りが特徴で、様々な用途で広く用いられているハーブです。ミントは世界中で品種改良が行われ、100種以上の品種認定されたものがあるそうです。代表的なものではペパーミントとスペアーミントがあります。ペパーミントは、ウォーターミントとスペアミントが交配して生まれた栽培種と言われていて、アイスクリームやガムなどに利用されています。スペアミントはエスニック料理、歯磨き粉などによく用いられ、スペアミントの仲間には、ペパーミントをはじめ、リンゴの香りのアップルミント、パイナップルの香りのパイナップルミントなどいろいろな種類があります。

体温まるミントと生姜のマカロニグラタンの作り方

材料 (2人分)

・マカロニ      120g
・しょうが      1片
・にんにく      1片
・タマネギ      1/2個
・クルミ       60g
・鶏ひき肉      200g
・フレッシュミント  大さじ1
・ホワイトソース   1カップ
・ピザ用チーズ    40g
作り方

1.みじん切りしたニンニクとショウガをオリーブオイルに香りが移るまで弱火で炒める。
2.みじん切りした玉ねぎを入れて、玉ねぎが透き通るまで中火で炒める。
3.ひき肉とクルミを加え、肉の色が変わるまで炒める。
4.刻んだミントを加えて和え、ホワイトソースを加えて全体に混ぜる。
5.グラタン皿に茹でたマカロニを入れ、炒めた具を乗せ、ピザ用チーズを乗せる。
6.グリルやオーブンでチーズに焼き色がつくまで焼いて出来あがり。

ジャガイモのホットミントサラダの作り方

材料

・じゃがいも       大2個
・ミントの葉       10枚~15枚くらい
・オリーブオイル     大さじ2
・塩こしょう       しっかり味がつく位
作り方

1.じゃがいもを1口大に切り、レンジで竹串が入るくらい温める(600wで5分位)
2.オリーブオイルをフライパンへ入れて熱し、じゃがいもを炒める。

3.味を見ながら塩こしょうをして、刻んだミントを混ぜ、すぐ火を止めて出来上がり。

ミントの効能

ミントはセイヨウハッカという別名をもち、清涼感のある強い香りが特徴です。ミントにはメントールという成分が含まれており、血管の拡張、消化不良や喉の炎症を改善、気分を落ち着かせる効果があると言われています。また、ミントポリフェノールという抗アレルギー作用物質を含んでいて、鼻の粘膜の腫れを抑えることができ、花粉症の改善などにも効果が期待できます。殺菌効果もあることから、古くから薬用に利用されてきました。ミントのさわやかな香りは古代ギリシャやローマから入浴剤にも使われていました。また、虫除け効果があり、ミントの精油を水とエタノールに混ぜて、虫よけスプレーとしても使えます。また、ひんやりとするメントールの性質を利用して、ニキビや皮膚炎などの解消にも利用できます。その他、ペパーミントは、食べ過ぎ・飲みすぎなどで胃の調子が悪い時に消化を助けてくれる働きがあり、腹痛や胸焼け、胃けいれんなどの症状を緩和してくれます。

様々な効果・効能のあるミントですが、摂取のし過ぎは粘膜を乾かして、胃痛などを起こしてしまう事があり、また、精油は肌への刺激が強いため、体が過敏に反応してしまう可能性があります。特に子供は、中毒症状を起こした例もあるので、注意が必要です。

ミントの花言葉

ミントの花言葉は、「美徳、効能、爽快、かけがえのない時間」です。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る