記事の詳細

フレッシュで爽やかな香りを持つレモングラスを使った、風味豊かでとってもおいしいヘルシースープをご紹介します!
リフレッシュ効果があるので、少し疲れを感じる日や、やる気の出ない日にもオススメのレシピです。

レモングラススープの作り方

材料(2人分)
・鶏手羽元     4本
・水        700ccくらい
・ねぎの青い部分  10cmくらい
・しょうがのスライス   2枚
・レモングラス   10本くらい
・春雨       30g
・豆腐       200g
・万能ねぎ     4本
・ナンプラー    大さじ1
・塩        少々
・一味唐辛子、レモンなどお好みで

作り方
1.鍋に水、ねぎ、しょうがを入れて沸騰したら鶏手羽元、レモングラスを加えて弱火で30分くらい煮ます。
2.春雨を表示通り戻して食べやすく切り、万能ねぎは斜めに切ります。
3.鶏肉が柔らかくなったらねぎ、しょうが、レモングラスを取りだし、水が減りすぎていたら足して豆腐を崩しながら加えて2~3分煮ます。
4.最後に春雨を加えて、ナンプラー、塩、などで味を調えます。

レモングラスとは

レモン風味のハーブはいろいろあるけれど・・・

項目は見つかりませんでした。
レモングラスはレモンのような爽やかな香りが特徴のイネ科のハーブですが、他にもレモンバーベナ、レモンバームなど、レモン~と名前のつくハーブはいくつもありますよね。共通しているのは、シトラール、シトロネラー等の成分が含まれていて、この成分がレモンのような香りを持つので、レモン~という名前が付けられているようです。でも実は植物学的には全く違う性格を持っているそうで、その中でもレモングラスは食用にも適していて、お料理の風味付け、ハーブティーや市販の飲み物にもたくさん使われている人気の高いハーブです。食用以外でも虫よけ等いろいろな用途で使う事ができる優秀ハーブです。

レモングラスの栄養素

レモングラスはドライハーブでも、フレッシュハーブでも使う事ができます。レモングラスをフレッシュハーブで使う場合は、たくさんの栄養素が含まれていて、ビタミンC、ビタミンB1、B2、ナイアシン必須ミネラルのカルシウム、リン、鉄、マグネシウム、カリウムなどの栄養素をたっぷり取ることができるので、健康や美容効果を期待できます。

レモングラスの効能

レモングラスの爽やかな香りは、仕事や勉強に集中したい時など、ハーブティーで飲んだり、香りを嗅ぐだけでもスッキリして、集中力がアップすると言われています。レモングラスの持つシトラールの成分に、血管を広げて血流をよくする働き、また疲れの原因になる乳酸を除去する働きが期待できるので、マッサージなどに用いると筋肉痛などを和らげ、筋肉を良い状態に保つ事ができると言われています。レモングラスの精油配合のトリートメントオイルなどでマッサージするとよいでしょう。

レモングラスのマッサージオイル使用上の注意

*妊娠さんは使用を避けてください。
*皮膚が弱く、敏感肌の方など、皮膚に刺激を感じる人もいるので注意が必要です。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る