記事の詳細

ハーブの楽しみ方はいろいろありますが、せっかく大切に育てているのですから上手に冬越しをして翌年も利用したいですよね。一年草であるバジルとジャーマンカモミールは、種を採っておくか来春こぼれ種が芽を出すのを期待することとして、今回は宿根ハーブの冬越しについてお話しましょう。

ハーブの種類から冬越しを考える

宿根ハーブといっても、どれもこれもが寒い日本の冬を越せるわけではありません。個々のハーブの解説でご紹介したように、ハーブの原産国は地中海地方からヨーロッパの物が多く、日本の気候とは違う環境で育ってきた植物たちが多いのです。そこで気をつけなくてはならないのが、そのハーブにどのくらいの耐寒性があるのか、ということです。 耐寒性は、一般的に下記のように分類されます。

・耐寒性:0度以下の寒さでも耐えることが可能

・半耐寒性:0度前後の寒さならば耐えることが可能

・非耐寒性:最低7~10度以上の温度が必要

耐寒性ハーブの対策

耐寒性のある宿根ハーブは、霜や雪が降っても翌春には元気に芽吹いてくれるハーブです。ほとんどの宿根草が冬の間は地上部が枯れてしまうのに対し、ミントなどは雪の中でも緑色に輝く葉を覗かせ、ハーブの生命力を感じさせます。 同じく耐寒性のあるハーブとしてはラベンダー(フレンチを除く)、タイム、レモンバーム、ローマンカモミール、チャイブ、ラムズイヤー、ルーなどがあります。

半耐寒性ハーブの対策

半耐寒性ハーブは、霜に当てないようにすれば、戸外でも冬越しさせることができます。ローズマリー、パイナップル・セージ、ロケット(ルッコラ)などが半耐寒性ハーブです。  冬期でも氷点下にならない地域では、露地植えで越冬できます。その場合も、霜対策のために株元をマルチングしてあげましょう。寒地では鉢上げをして、軒先やベランダなどで管理します。 また、寒さ対策としてプラ鉢を二つ重ねて(二重鉢)そのあいだに砕いた発泡スチロールトレーを入れたり、鉢をトロ箱に入れて隙間に砕いた発泡スチロールを入れる方法もあります。いずれも鉢物は乾きやすいので、乾燥しすぎに注意が必要です。

非耐寒性ハーブの対策

非耐寒性ハーブは、暖地以外は鉢上げをして軒先や室内に取り込んで管理する必要があるハーブです。レモングラス、レースラベンダー、レモンバーベナ、ヘリオトロープ、ターメリックなどが非耐寒性ハーブです。 半耐寒性ハーブと同様に鉢上げをして、軒先やベランダ、場合によっては室内での管理となります。特に注意が必要なのは、室内管理の場合です。日中の置き場所としては日の当たる窓辺が最適ですが、夜間急激に冷えて枯れてしまう事があります。日が落ちたら鉢を窓ガラスから離す、ダンボールやトロ箱に入れるなどして対処します。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る