記事の詳細

ハーブは1年草や2年草といって何年も育つ草があります。

そしてキッチンなどで簡単に育てられるハーブもあり、初心者でも上手に育てることができます。

ローズマリー

ローズマリーは暑さや寒さ強く育てやすいハーブの1つです。

お料理にも使いやすく、春や秋には白やブルーなどの花が咲きますので、鑑賞用としても使用できます。

枝が1本あれば、根を生やしどんどん増えます。

お料理に添えられていたものや、もらい物などを持ち帰りコップなどの容器に水を入れ、キッチンで簡単に増やし育てることができます。

ミント

ミントは爽やかな香りを持つハーブで、繁殖力の強い植物です。

わざわざ土に植えなくても簡単に育てられますので、もし、ご近所でミントを育ててる人がいれば、枝を一本わけてもらうと良いでしょう。

もらった枝をコップなどに入れ、水につけるだけで数日後には根がでてきます。どんどん根を伸ばしますので自然と増えていきます。

ミントは香りが良いので、収穫したらアイスのお供やサラダに使用するのも良いですし、ハーブティーにするのもオススメです。

疲れがたまってる時は癒し効果がありますので入浴剤のかわりに湯船に入れるのもいいですね。妊婦さんと赤ちゃんには刺激を強く感じてしまう場合がありますので注意しましょう。

パセリ

パセリはサラダやハンバーグなどの付け合わせとして使われることも多く、好んで食べる人は少ないかもしれません。

自宅用ですと付け合せで使用するパセリは使い回しをすることもできますので、使えるまではどんどん使ってもいいですね。

パセリは2年草で、わき芽も沢山できますのでキッチンで簡単に育てることができます。

ただ、育てやすいハーブなのですが、暑さと湿気に弱いという特徴がありますので、夏場は特に直射日光が当たらない場所で育てるようにしましょう。

バジル

バジルといえばピザやパスタには欠かすことのできないハーブです。

1年草で、種から育てても発芽率がよく3日程度で発芽します。

乾燥にだけ注意してこまめに水を与えておくだけで簡単に育てることができます。

ただ、根腐れしてしまうこともありますので、お水は霧吹きで軽くあげる程度で十分です。

節間でカットすることで、わき芽が出てきますのでどんどん増えていきます。

バジルはイタリアン料理にオススメのハーブですので、たくさん育てて友人やご近所さんに分けてあげると喜ばれます。

レモンバーム

レモンバームは、花粉症や疲労防止、風邪防止効果が期待できるためハーブティーとして使用されることが多いです。

庭に植るだけで肥料もほとんど必要ありませんので育てやすいかと思います。

湿気と乾燥に弱いので風通しの良い場所で育てるようにします。

そして夏場は乾燥に注意し、夕方にも水やりをしてあげることも必要です。

レモンバームは長寿のハーブとして人気のハーブです。注意点だけに気をつけておけば簡単に育てられます。

育てやすいハーブとは

ハーブはただ育てるだけでなく、食べたり飲んだり色々な活用方法がありますので、育てながら楽しめるのも魅力の一つですよね。

沢山の品種がありますので、上手に育てられるようになったら色々な種類のハーブにチャレンジするのもオススメです。

ハーブ  ハーブ

関連記事

ページ上部へ戻る