ハーブの育て方・栽培方法【種や苗から初心者でも簡単にできる!】

ハーブは、元々から生命力が強い植物です。そのため、ガーデニング初心者の方でも育てやすい植物となっています。

ハーブの育て方のコツと苗や種からの育て方をご紹介します。

ハーブはたっぷり日光に当てる

ハーブは、殆どが日光が大好きな植物です。半日~1日中、日光があたる南向きの場所で育てましょう。

ミントやチャービルなどは、日陰を好みますので、ハーブの種類によって変わります。

ハーブに防虫対策をしよう

日本の環境では、高温多湿のため、害虫がつきやすいです。

ハーブ自体が香りがあるので害虫がつきにくいイメージがありますが、きちんと管理を行った方がよいでしょう。

なるべく風通しが良い場所で育てましょう。また、葉などの健康状態もまめにチェックしましょう。

ハーブは乾燥気味に育てる

ハーブは、湿気が少ない地中海地方が原産の植物です。そのため、乾燥に強い反面、多湿は苦手です。

水やりは種まきから発芽までと植え付け前後のみに行います。あとは、放っておいて自然に任せましょう。

日ごろの水やりは、回数は少なめで、土が乾いたら、鉢の底から水が流れるぐらいたっぷり与えましょう。

ハーブの寿命を知って育てよう

ハーブには、一年草、多年草などの種類があります。それによって、寿命も異なります。

一年草は、バジルやディルなどになります。一年草とは、1年間のうちに発芽・開花して、種を残して終わる植物のことです。

二年草は、1年目は生長期間、2年目に開花して種を残して終わる植物になります。

多年草は、一度、植えれば数年は生き続ける植物で、多くのハーブはこの種類になります。冬に葉が残っているハーブと、冬場は葉っぱが枯れて根っこは生き残っているハーブと2種類があります。

ハーブの苗の選び方

種からハーブを育てるのは難しいため、初心者は苗からハーブを育てましょう。

春に苗を購入し、植え付けを行うと、簡単に育てられます。鉢植えの場合、苗が成長して底から根が生えてきたら、一回り大きな鉢に植えましょう。

  • 根元や茎は太くて丈夫、香りが強い苗を選びましょう。
  • 苗の土が硬め、苔が生えているものは避けましょう。
  • ハーブの育て方

苗から育てやすいハーブの種類

  • オレガノ
  • セージ
  • タイム
  • バジル
  • ミント
  • レモングラス
  • ローズマリー

ハーブの種からの育て方

非常に手間がかかりますが、上手く育てば収穫もたくさんできます。

春に種をまくタイプと秋に種をまくタイプがあります。

  • できるだけ新鮮な種を選びましょう。
  • 赤玉土に固形状の肥料を混ぜて、十分に湿らせてから種をまきます。
  • 根がまっすぐ下に伸びるものは、植え替えをしない直まきにしましょう。

ハーブ栽培

種から育てやすいハーブの種類

下記は直まきに向いているハーブです。

  • セージ
  • チャービル
  • ディル
  • パセリ
  • フェンネル

次に、床まき(植え替えをする植え方)に向いているハーブを紹介します。

  • オレガノ
  • カモミール
  • タイム
  • ラベンダー
ページ上部へ戻る